Home > スポンサー広告 > インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/102-541e1098
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子

Home > 糖尿病関連 > インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子

インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子

スポンサード リンク
膵臓(すいぞう)でインスリンをつくっているベータ細胞を再生することに、米ハーバード大のダグラス・メルトン教授のチームがマウスで成功したそうです。

このベータ細胞というのはインスリンを出す細胞なので、血糖値を下げる効果を持っています。この細胞が働かなくなると、1型糖尿病になります。そして実際、記事内でも血糖値が半分以下になったとの記述がありました。発見の方法が興味深く「細胞に複数の遺伝子を入れることで別の細胞に変えてしまう」というiPS細胞をつくった京都大学の山中伸弥教授と同じ手法でした。
iPS細胞からベータ細胞づくりを目指す研究は世界で盛んだそうですが、今回メルトン教授らは膵臓の細胞の大半を占める外分泌細胞から直接、ベータ細胞をつくったというのも特徴です。

詳細は引用元のasahi.comへ。

【関連記事】
一般人口において総尿中ヒ素量と2型糖尿病の有病率が正に関連する
アジア人の糖尿病遺伝子を究明、韓中研究チーム
1型糖尿病の治療に一歩前進 マウスでの治療成功
独立行政法人理化学研究所、 2型糖尿病に関連する遺伝子「KCNQ1」を発見 - 日本人の2型糖尿病発症の2割に強く関与 -
BCGによる1型糖尿病の治療

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/102-541e1098
インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子 from バイオ やばいぉ・・・

Home > 糖尿病関連 > インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。