Home > スポンサー広告 > ラットの神経細胞でロボットを制御!?

スポンサーサイト

スポンサード リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

コメント欄

Trackback:-

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/10-d1e7bce4
スポンサーサイト from バイオ やばいぉ・・・

Home > スポンサー広告 > ラットの神経細胞でロボットを制御!?

Home > バイオ関連ニュース > ラットの神経細胞でロボットを制御!?

ラットの神経細胞でロボットを制御!?

スポンサード リンク
WIRED NEWSによるとラットのニューロン(神経細胞)を用いて単純なロボットの制御が可能らしい。
なんか生体コンピューターみたいで気味が悪いのだが実際に動いている動画がある。



仕組みは英国のレディング大学が8月14日(現地時間)に発表した研究報告によれば、ラットの胎児からとった脳細胞を電極上で培養、車輪付きのマシンに接続することによって、ニューロンの自然発火による動きの制御が可能になるらしい。
ロボットの性能としては全然だめみたいですが、ついにこんな時代になったのですね

Comments:0

コメント欄

Trackback:0

この記事へのTrackBack URL
http://bioinformatics.blog7.fc2.com/tb.php/10-d1e7bce4
ラットの神経細胞でロボットを制御!? from バイオ やばいぉ・・・

Home > バイオ関連ニュース > ラットの神経細胞でロボットを制御!?

あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。