Home > 糖尿病関連

糖尿病関連 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

HbA1c変動が大きい1型糖尿病患者は網膜症や腎症になりやすい

1型糖尿病患者1441人のおよそ9年間の追跡調査の結果、安定した血糖コントロールによって糖尿病性網膜症や糖尿病性腎疾患リスクが軽減しうると示唆された。
http://www.biotoday.com/view.cfm?n=30616&ref=rss
スポンサーサイト

カロリーの摂り過ぎが脳を狂わせる可能性=研究

exciteニュースより
過食は脳を混乱させてさまざまな損傷を引き起こし、糖尿病や心臓病その他の疾患の原因をつくる可能性があるという研究結果が発表されたそうです。

 米ウィスコンシン大マディソン校のドンシェン・カイ氏らが専門誌Cellに発表した内容によると、過食により、脳内で通常は休止状態にある免疫システムの経路が稼動し、実在しない侵入者を攻撃・破壊するため免疫細胞が送り出される可能性が判明。

 過食→肥満→糖尿病という経路だけだと思っていました。  興味深いニュースですね。

肥満を解消させる薬が5年以内に完成するらしい

GIGAZINEより
イギリスで肥満についての研究を行っている科学者が、肥満を治すための薬を5年以内に実用化すると主張しているそうです。効果は空腹感をコントロールすることで、2型糖尿病にも効果があるとのこと。

現在試験では肥満解消薬は体内に注射するものだそうですが、錠剤タイプにする予定もあり、将来的には誰も肥満に悩まされることがない日が来るのかもしれないですね.


ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが開発しているのは、ホルモン量を調整して空腹感を止める薬。彼らは肥満治療のための胃バンド手術(胃を縛って食べる量を調節する)を研究することで、空腹ホルモンと呼ばれる「グレリン」などのグルコース調整に関わるホルモンのコントロール方法を発見したとのこと。

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの臨床科学者であるRachel Batterham博士は、「私たちの体重は、腸にある空腹感を調整するホルモンによってコントロールされている。体重調整用の手術はこれらのホルモン量にも影響を及ぼす。私たちはこのホルモン量の変化を薬で再現しようとしている」と話しています。

人体試験もすでに始まっているそうで、研究チームが開発した薬を使った被験者は空腹感が減少したとのこと。現在試験的に使っている薬は1日3回の注射を必要とするそうですが、最終的には錠剤タイプの薬にできると考えられているそうです。

Batterham 博士と共同研究を行っているインペリアル・カレッジ・ロンドンのCarel Le Roux博士は「私たちの開発した薬は5年以内に既存の手術に代わるものとなるだろう。体重が落ちた後、元に戻ってしまうような人にはダイエットや生活習慣についてアドバイスしても効果がない。病的肥満に対する唯一の処置は手術だが、さらに多くの手術を行うべきかは調査する必要がある。我々の社会では肥満手術を受けた人間を見下す傾向にあるが、現在効果的な治療は手術しかない」と語っています

【関連記事】
米研究者、肥満とやせを決定する「脂肪スイッチ」を発見
運動神経の悪い子供は大人になってから肥満になりやすい
遺伝的に肥満化しやすい人も運動すれば太らない

1型糖尿病の関連遺伝子が判明

BioTodayより
1型糖尿病モデルマウス(NODマウス)の研究から、膵臓を攻撃する直前のCD4+ T細胞ではインターフェロンα(IFN-α)によって誘導される遺伝子群がアップレギュレートされるとわかったそうです。

【関連記事】
アジア人の糖尿病遺伝子を究明、韓中研究チーム
1型糖尿病の治療に一歩前進 マウスでの治療成功
BCGによる1型糖尿病の治療
インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子

高血圧は1型糖尿病における網膜症早期発現に関連

BioTodayより
1型糖尿病小児1869人のプロスペクティブコホート試験の結果、収縮期血圧や拡張期血圧が高いことは糖コントロール・糖尿病の罹病期間・アルブミン排泄とは独立して糖尿病性網膜症の早期発現に関連しているとわかったそうです。

【関連記事】
一般人口において総尿中ヒ素量と2型糖尿病の有病率が正に関連する



インスリン作る細胞再生 米教授、マウスの膵臓に遺伝子

膵臓(すいぞう)でインスリンをつくっているベータ細胞を再生することに、米ハーバード大のダグラス・メルトン教授のチームがマウスで成功したそうです。

このベータ細胞というのはインスリンを出す細胞なので、血糖値を下げる効果を持っています。この細胞が働かなくなると、1型糖尿病になります。そして実際、記事内でも血糖値が半分以下になったとの記述がありました。発見の方法が興味深く「細胞に複数の遺伝子を入れることで別の細胞に変えてしまう」というiPS細胞をつくった京都大学の山中伸弥教授と同じ手法でした。
iPS細胞からベータ細胞づくりを目指す研究は世界で盛んだそうですが、今回メルトン教授らは膵臓の細胞の大半を占める外分泌細胞から直接、ベータ細胞をつくったというのも特徴です。

詳細は引用元のasahi.comへ。

【関連記事】
一般人口において総尿中ヒ素量と2型糖尿病の有病率が正に関連する
アジア人の糖尿病遺伝子を究明、韓中研究チーム
1型糖尿病の治療に一歩前進 マウスでの治療成功
独立行政法人理化学研究所、 2型糖尿病に関連する遺伝子「KCNQ1」を発見 - 日本人の2型糖尿病発症の2割に強く関与 -
BCGによる1型糖尿病の治療

BCGによる1型糖尿病の治療

BioTodayによると
  BCGは1型糖尿病の治療法として有望

  糖尿病患者675人と健常人512人の血液を評価したところ、1型糖尿病患者はTNFやカルメット・ゲラン桿菌
  (ウシ型弱毒結核菌ワクチン、BCG)によって殺傷しうる特定のCD8キラーT細胞を有すると分かりました。

【関連記事】
一般人口において総尿中ヒ素量と2型糖尿病の有病率が正に関連する
アジア人の糖尿病遺伝子を究明、韓中研究チーム
1型糖尿病の治療に一歩前進 マウスでの治療成功
独立行政法人理化学研究所、 2型糖尿病に関連する遺伝子「KCNQ1」を発見 - 日本人の2型糖尿病発症の2割に強く関与 -

1型糖尿病の治療に一歩前進 マウスでの治療成功

BioTodayにより
    レプチン遺伝子治療で1型糖尿病マウスが正常化した

      マウスでの実験から、1型糖尿病に伴ってしばしばレベルが低下する脂肪細胞由来ホルモン・レプチ
      ンは1型糖尿病の治療に役立つと示唆されました。

最近 糖尿病に関するニュースが多いように感じられます。是非この調子で技術の確立までいってほしいです。
【関連記事】
一般人口において総尿中ヒ素量と2型糖尿病の有病率が正に関連する
アジア人の糖尿病遺伝子を究明、韓中研究チーム
BCGによる1型糖尿病の治療
独立行政法人理化学研究所、 2型糖尿病に関連する遺伝子「KCNQ1」を発見 - 日本人の2型糖尿病発症の2割に強く関与 -

アジレント、 ウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアムがヒトゲノムコピー数変異のランドマークとなる研究にアジレントのマイクロアレイを採用

アジレント・テクノロジーズ・インク(社長兼CEO:ビル・サリバン、本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、NYSE:A、日本法人:アジレント・テクノロジー株式会社)は、英国サンガー研究所を中核とするウェルカムトラスト・ケースコントロールコンソーシアム (WTCCC) が、その世界最大のゲノムコピー数変異(CNV)研究プロジェクトにおいて、アジレントのマイクロアレイを標準とすることをお知らせします。この研究プロジェクトは、広範なヒト疾患の遺伝的要因を調べることを目的として計画されています。試料はアジレントのマイクロアレイの公認サービスプロバイダの一つである、英国Oxford Gene Technology 社(OGT)で分析されます。導入金額は非公開です。

WTCCCの第1段階では、人類遺伝学をリードする24人の著名な遺伝学者の共同作業により、結核冠状動脈性心臓病、Ⅰ型およびⅡ型糖尿病リウマチ様関節炎クローン病双極性障害自己免疫性甲状腺疾患強直性脊椎炎多発性硬化症乳癌、および高血圧の疾病感受性に影響を及ぼす遺伝的変異を同定するために19,000を超える各疾患患者DNAサンプルを分析しました。この研究は、サンガー研究所、ケンブリッジ大学およびオックスフォード大学を含む英国全土の多くの研究所で実施されました。

 今回、このプロジェクトの次の重要なステップとして、アジレントはCNVに焦点を置いたカスタム全ゲノムアレイを設計します

引用元 アジレント テクノロジーズ インク プレスリリース

アジア人の糖尿病遺伝子を究明、韓中研究チーム

先日 日本人の糖尿病に関連する遺伝子が発見されたという記事を配信しましたが、
今回は韓国人をはじめとするアジア人の糖尿病の発病と大きなかかわりがある遺伝子が複数確認された。

これらを活用すれば糖尿病発病の可能性を予測したり、発病経路の研究と治療薬開発などにも役立つものと見込まれる。
 ソウル大学病院の糖尿・内分泌疾患遺伝体研究センターの研究チームは19日、国立保健研究院遺伝体センター、香港中文大学のチームと共同で、アジア人の糖尿病疾患にだけ特異に作用する遺伝子の機能究明に初めて成功したと明らかにした。

 研究結果をまとめた論文によると、研究チームは韓国や香港などで総勢6719人を対象に遺伝子型を分析し、その結果、西欧人に見つかる糖尿病遺伝子のほとんどがアジア人にもそのまま適用されることが分かった。ただ、これまで機能がほとんど知られていなかった複数の遺伝子(TCF7L2、SLC3OA8、 HHEX、CDKAL1、CDKN2A/CDKN2B、IGF2BP2、FTO)の変異について新たに機能が究明された。正常状態のこれら遺伝子が変形すると、糖尿病にかかる可能性が大きいことを意味する。0~2つの遺伝子変異を持つ人の糖尿病発病リスクを1とした場合、5つ以上の遺伝子変異がある人はリスクが最大3.3倍まで上がると分析された。

 論文は糖尿病学術誌の「Diabetes」8月号に掲載される。
引用元 yahooニュース
【関連記事】
独立行政法人理化学研究所、 2型糖尿病に関連する遺伝子「KCNQ1」を発見 - 日本人の2型糖尿病発症の2割に強く関与 -

一般人口において総尿中ヒ素量と2型糖尿病の有病率が正に関連する

飲料水中の無機砒素(無機ヒ素)への高レベル慢性暴露と糖尿病リスク上昇が関連しますが、低~中レベルの無機ヒ素や主に魚介類中に認められる有機ヒ素化合物への暴露によって糖尿病リスクが上昇するかどうかは分かっていません。

source BioToday

運動神経の悪い子供は大人になってから肥満になりやすい

小児期の認知機能不良は成人になったときの肥満や2型糖尿病と関連します。この関連が認知機能を制限する社会的な要因によるのか神経機能によるのかは不明でした

詳細は引用元のBiotechnology Japan へ

独立行政法人理化学研究所、 2型糖尿病に関連する遺伝子「KCNQ1」を発見 - 日本人の2型糖尿病発症の2割に強く関与 -

Biotechnology Japanによると独立行政法人理化学研究所は、文部科学省の個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト(オーダーメイド医療実現化プロジェクト)で実施した解析結果から、遺伝子KCNQ1(ケ―シ―エヌキューワン)」が2型糖尿病の関連遺伝子であることを発見しました。理研ゲノム医科学研究センター内分泌代謝疾患研究チームによる研究成果です。

 >糖尿病 出典Wikipedia
糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な合併症をきたす危険性のある病気である。最も頻度の多い2型糖尿病と1型糖尿病にわかれ、1型は自己免疫性疾患であり、病態の発症は異なる。

Home > 糖尿病関連

最新記事はRSSで
コメント
最新トラックバック
リンク
ブログで苗木 グリムス
blog parts

track feed

Powered by SEO Stats

ページランク

個人サイト検索 あったかNAVI

この日記のはてなブックマーク数

フィードメーター - バイオ やばいぉ・・・

tracker あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。