Home

バイオ やばいぉ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書 1891)
福岡 伸一
講談社
売り上げランキング: 230
おすすめ度の平均: 4.0
3 行間に横たわる無数の苦痛と死
4 研究と生命の動的平衡の概念と
2 よく分からない
5 生物とは・・・
5 生命への見方が変わる本

現代遺伝学/分子生物学の礎となった研究を行った”縁の下の力持ち”(= an unsung hero)たちの正当な評価と、分子生物学のその短い歴史を一般の人にもわかりやすい形で展開。同時に研究者と呼ばれる人種のより現実的な生態をよく著しています。生命とは何かという根源的な問いに関心のあるすべての人に薦めたい。777円で知的な興奮が味わえますヨ。
スポンサーサイト

Home

最新記事はRSSで
コメント
最新トラックバック
リンク
ブログで苗木 グリムス
blog parts

track feed

Powered by SEO Stats

ページランク

個人サイト検索 あったかNAVI

この日記のはてなブックマーク数

フィードメーター - バイオ やばいぉ・・・

tracker あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。