FC2ブログ

Home

バイオ やばいぉ・・・

生命の新たな始まり

出芽酵母は、老化研究のモデルとして使われることが多い。この細胞は、母細胞の表面に出芽を形成することで非対称的に分裂するが、母細胞は世代を経て老化するため、寿命には限りがある。種の存続は、毎回「若い」芽が生まれることによっている。カルボニル化タンパク質や環状DNAなどの老化因子は母細胞だけに閉じ込められているので、芽の年齢はゼロにリセットされるが、この閉じ込めの仕組みはよくわかっていない。Shcheprovaたちは、分裂時の酵母の核では、核膜に拡散障壁が形成されることを明らかにしている。この障壁は、既存の核膜孔や、他の膜結合型タンパク質が出芽部分へ移動するのを防いでいる。

【要約】 http://www.nature.com/nature/journal/v454/n7205/abs/nature07212.html
【Article】 http://www.nature.com/nature/journal/v454/n7205/full/nature07212.html
【N&V】 http://www.nature.com/nature/journal/v454/n7205/full/454709a.html
スポンサーサイト



Home

最新記事はRSSで
コメント
最新トラックバック
リンク
ブログで苗木 グリムス
blog parts

track feed

Powered by SEO Stats

ページランク

個人サイト検索 あったかNAVI

この日記のはてなブックマーク数

フィードメーター - バイオ やばいぉ・・・

tracker あわせて読みたいブログパーツ

Page Top