Home

バイオ やばいぉ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

東北大学、 キラーT細胞のはたらきを調節する受容体分子を発見

東北大学プレスリリースより
移植免疫、癌免疫、感染免疫などにおいて中心的な役割を担うキラーT細胞のはたらきの強さを、免疫細胞上にある受容体の一種であるPIR(ピア)-Bというタンパク質が調節していることを、東北大学加齢医学研究所の遠藤 章太 助教、高井俊行教授(遺伝子導入研究分野)の研究グループが突き止めたそうです。

【関連文献】
“Regulation of cytotoxic T lymphocyte triggering by PIR-B on dendritic cells”
(樹状細胞上のPIR-Bによる細胞傷害性Tリンパ球の活性化の調節)
Shota Endo, Yuzuru Sakamoto, Eiji Kobayashi, Akira Nakamura, and Toshiyuki Takai

キラーT細胞というのはウィルスや細胞内寄生性細菌に感染した細胞の排除、移植片の攻撃、癌細胞の攻撃を行う細胞です。
スポンサーサイト

Home

最新記事はRSSで
コメント
最新トラックバック
リンク
ブログで苗木 グリムス
blog parts

track feed

Powered by SEO Stats

ページランク

個人サイト検索 あったかNAVI

この日記のはてなブックマーク数

フィードメーター - バイオ やばいぉ・・・

tracker あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。