Home

バイオ やばいぉ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ロシアのバイオ産業の現状と展望

ソ連時代はバイオは原子力や航空宇宙といった分野より軽視されがちで、 バイオ関連の研究開発機関が増えたのは1980年代になってからだった。最近の10年間も、経済的な理由から世界におけるポジションを下げているというべきであろう。
国からの資金は科学アカデミー、産業・科学技術省、ロシア基礎研究ファンドから出ているが、金額は少なく、この分野でも頭脳流出が多く見られた。しかし、ロシア経済の回復に伴い、この2潤オ3年の状況は好転している。市場経済にうまく適応する研究開発機関が現れ、国からの支援も強まり、バイオテクノロジーへの企業投資も増大しつつある。 バイオテクノロジーに対する関心が世界的にも高まっていることから、 国際協力、無償援助も多々見受けられる。
バイオ関連で最近成果が上がりつつあるのは分子ウィルス学、遺伝子工学、バイオポリマー構造学、バイオ情報工学の分野である
スポンサーサイト

Home

最新記事はRSSで
コメント
最新トラックバック
リンク
ブログで苗木 グリムス
blog parts

track feed

Powered by SEO Stats

ページランク

個人サイト検索 あったかNAVI

この日記のはてなブックマーク数

フィードメーター - バイオ やばいぉ・・・

tracker あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。