Home

バイオ やばいぉ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

バイオインフォマティクス技術者認定試験出題範囲

生命科学分野
生物学基礎 細胞(細胞、細胞内小器官、真核生物、原核生物)、細胞周期(体細胞分裂、減数分裂)、遺伝学(メンデルの法則、連鎖、Hardy-Weinbergの法則)
分子生物学 セントラルドグマ、複製(DNA)、転写(RNA、遺伝子発現、逆転写、スプライシング)、翻訳(タンパク質、tRNA、リボゾーム、遺伝暗号、二次構造、三次構造、四次構造、翻訳後修飾)、シグナル伝達(受容体、シグナル変換)
バイオテクノロジー ゲノム(ショットガン法)、トランスクリプトーム(マイクロアレイ)、プロテオーム(質量分析、二次元電気泳動、酵母ツーハイブリッド法)、立体構造決定(X線結晶構造解析、NMR、電子顕微鏡)

情報科学分野
コンピューターシステム 二進数、論理演算(論理積、論理和、排他的論理和)、数値演算(浮動小数点数、丸め誤差、桁落ち)、プログラミング言語(C言語、Perl言語)、ネットワーク(OSI参照モデル、IPアドレス)、マークアップ言語(HTML、XML)
アルゴリズム データ構造(スタック、キュー、リスト、木構造)、探索(二分探索、ハッシュ表、木探索)、ソーティング、文字列比較
データベース技術 3層スキーマ構造、データモデル(階層型、リレーショナル型)
確率・統計 確率分布・確率変数(母集団、標本、独立性、ベイズの定理)、データ解析(平均、分散、相関、回帰)、推定・検定(点推定、区間推定、帰無仮説、対立仮説、有意水準)
機械学習 決定木、k-最近接近傍法、ニューラルネットワーク、サポートベクターマシン、感度、特異度、クロスバリデーション法、クラスタリング、K-平均法、自己組織化マップ(SOM)

バイオインフォマティクス分野
分子生物学データ
ベース 文献DB(PubMed)、ゲノムDB、核酸配列DB、アミノ酸DB、モチーフDB(モチーフライブラリー)、立体構造DB、代謝パスウェイDB、多型DB、発現DB、アノテーション、遺伝子オントロジー(Gene ontology)
配列解析 アライメント(動的計画法(dynamic programming)、スコアテーブル、ギャップペナルティ、ローカルアライメント、グローバルアライメント、Smith-Waterman法、ペアワイズアライメント、マルチプルアライメント、累進法(ツリーベース法)、ClustalW、HMM(隠れマルコフモデル))、相同性検索(FASTA、ハッシング、BLAST、有限オートマトン、PSI-BLAST、位置特異的スコア行列(PSSM)、プロファイル比較)、モチーフ解析(正規表現、重み行列)、分子系統解析(オーソログ、パラログ、距離行列法、UPGMA、近隣結合法(N-J法)、最節約法、最尤法、同義置換、非同義置換)、タンパク質機能予測(膜貫通部位予測、細胞内局在部位予測)、RNA二次構造予測
タンパク質立体構
造解析 立体構造表現(コンタクトマップ、ラマチャンドランマップ)、構造比較(重ね合わせ、RMSD、構造アライメント、構造モチーフ、構造分類)、タンパク質二次構造予測、立体構造予測(ホモロジーモデリング、フォールド認識、スレッディング、3D-1D法)
ゲノム解析 遺伝子発見(ORF(open reading frame)、スプライシング解析、プロモータ解析、偽遺伝子)、ゲノム特徴抽出(繰り返し配列発見、転写因子、SSR(simple sequence repeat)、GC含量、コドン使用頻度)、ゲノム比較(ゲノムアライメント、編集距離、系統プロファイル法、ロゼッタストーン法、遺伝子並び順の保存、遺伝子の水平伝搬、多型マーカー(SNP、マイクロサテライト、VNTR、RFLP、HLAタイプ)
トランスクリプト
ーム解析・プロテ
オーム解析 遺伝子発現クラスタリング、遺伝子ネットワーク推定(ブーリアンネットワーク、ベイジアンネットワーク)、タンパク質相互作用解析
パスウェイ解析・
システム生物学 ネットワーク解析(スケールフリー、ハブ、ネットワークモチーフ)、動的シミュレーションとシステム解析(微分方程式、ロバストネス、フィードバック、フィードフォワード、感度解析、安定性解析、代謝流束解析)
スポンサーサイト

バイオインフォマティクス技術者認定試験とは

公式HPより引用。
.認定試験の概要
バイオインフォマティクス(bioinformatics)は、生命情報科学と訳されることもあり、生物学のデータを情報科学の手法によって解析する学問および技術です。生物学においてゲノム解析による大量のデータが生み出されるようになるとともに、この分野は急速に発展してきました。今後多様な発展が期待される分野ですが、生物学と情報科学の知識をバランス良く身につけた技術者・研究者がまだまだ少なく、バイオインフォマティクスの未来を担う新しい人材の育成が急務と言われています。
日本バイオインフォマティクス学会では、人材育成の一助として平成19年度より「バイオインフォマティクス技術者認定試験」を実施しています。合格者には学会から合格証書と認定シールが贈られます。また試験結果は各分野ごとの得点分析とともに通知されますので、繰り返し受験頂いて理解レベルを確認することができます。ホームページ上では過去問や参考問題等を公開しています。ぜひ多くの方に挑戦していただければ幸いです。

認定試験出題範囲

過去の試験問題と解答
平成19年度分(PDFファイル)

成績通知・合格証書
受験者全員に成績通知が、試験合格者には合格証書が贈られます。
成績通知には分野別得点チャートがついていますので、それぞれの分野の知識習得度合いを確認することができます。

Home

最新記事はRSSで
コメント
最新トラックバック
リンク
ブログで苗木 グリムス
blog parts

track feed

Powered by SEO Stats

ページランク

個人サイト検索 あったかNAVI

この日記のはてなブックマーク数

フィードメーター - バイオ やばいぉ・・・

tracker あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。