Home

バイオ やばいぉ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

公開セミナー「第17回バイオインフォマティクスへの招待」

<第17回バイオインフォマティクスへの招待>

日時:平成20年10月23日(木)16:45~18:15
場所:お茶の水女子大学 理学部2号館4階405号室
アクセス:丸ノ内線茗荷谷駅または有楽町線護国寺駅下車徒歩8分
http://www.ocha.ac.jp/access/index.html

------------------------
講演題目:
『比較ゲノム解析から読み解く受容体の機能多様化メカニズム』

講演者:諏訪牧子
(独)産業技術総合研究所生命情報工学研究センター 主幹研究員

講演概要:
細胞を包む生体膜には、様々な受容体が埋まりこんでおり、細胞
の外側から受けた結合分子情報(入力)を、細胞の内側に伝える
(出力)ための“生体素子“と見なせます。 重要な創薬標的とし
ても知られるGタンパク質共役型受容体(GPCR)は、哺乳類では
1000~2000遺伝子の巨大ファミリーであり、それら全体で、数百
万種の膨大な数の入力に対応できます。これは他の遺伝子ファミ
リーと比べても顕著に多様性に富む数です。なぜ、生物はこれだ
け巨大なファミリーを必要とし、どのようにして多様化させてき
たのでしょうか? このような設問は、個々の遺伝子を観察する
だけでは、なかなか解けないものですが、遺伝子ファミリーをゲ
ノム全体で俯瞰し、多くの生物種で比較することで初めて理解で
きると考えます。こうなるとバイオインフォマティクス手法によ
るデータ解析技術は不可欠なものです。
私たちはこの目的のもと、34種類の真核生物ゲノムから網羅的
に約30,000のGPCRを同定して解析していますが、生物の進化につ
れ、ゲノム上でGPCRの中の特定の遺伝子グループが急増したり、
移動するなどの興味深い成長過程が見えてきました。バイオイン
フォマティクス手法で如何にして解析するかを含め、学部生、
大学院生にも分かりやすくお話します。

講師紹介略歴:
青山学院大学大学院理工学研究科物理学専攻、博士(理学)
東京農工大学工学部、助手、(株)ヘリックス研究所主任研究員、
工技院 電子技術総合研究所 主任研究官、
産総研 生命情報科学研究センター チーム長、副研究センター長
を経て、現職。
研究内容:バイオインフォマティクスによるGPCRの網羅的構造・
機能解析。

------------------------
講演題目:
『トランスクリプトーム解析におけるバイオインフォマティクス』

講演者:油谷幸代
(産業技術総合研究所生命情報科学研究センター生体ネットワークチーム)

講演概要:
近年のゲノム解析によって、様々なモデル生物においてゲノム配列
が決定されてきました。これらのモデル生物では、ゲノム解析に続く
ポストゲノム解析として細胞内の全mRNAを対象としたトランスクリプ
トーム解析が盛んに行われています。このトランスクリプトーム解析
研究において、バイオインフォマティクスは重要な役割を担っています。
トランスクリプトーム解析の実験的技術としては、主に細胞内の全
遺伝子の発現量を測定するマイクロアレイやDNAチップがあります。こ
れらの技術によって得られた大量の数値データに対し、バイオインフォ
マティクスによるクラスタリング解析やネットワーク解析を行うこと
によって、生体細胞内における遺伝子群の相互関係を明らかにするこ
とができると考えられています。本講演では、トランスクリプトーム
解析の中でもこのクラスタリング解析とネットワーク解析について、
その手法や得られた研究成果など具体例をいくつか示しながら、学部
生や大学院生の皆さんに分かりやすくお話していきます。

講師紹介略歴:
1998年 九州大学 農学部農芸化学科 卒業
2000年 九州大学大学院 生物資源環境科学研究科
遺伝子資源工学専攻 修士前期課程修了
2003年 九州大学大学院 生物資源環境科学府
遺伝子資源工学専攻 博士後期課程修了
2003年 博士(農学)
2003年~2006年 東京大学医科学研究所 科学技術振興特任教員
2006年~2007年 産業技術総合研究所 生命情報科学研究センター 研究員
2007年~ 産業技術総合研究所 生命情報工学研究センター 研究員
2008年~ お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 客員准教授


参加費:無料(申し込み不要)

主催: お茶の水女子大学 女性リーダー育成プログラム
「生命情報を使いこなせる女性人材の育成」
共催: 文部科学省委託研究開発事業
「統合データベースプロジェクト」

お問い合わせ:お茶の水女子大学女性リーダー育成プログラム
「生命情報学を使いこなせる女性人材の育成」事務局
E-mail:bioinfo@cc.ocha.ac.jp / Tel:03-5978-5698

今回は,本学客員教授の諏訪先生に
『比較ゲノム解析から読み解く受容体の機能多様化メカニズム』
について、続いて本学客員准教授の油谷先生に『トランスクリプ
トーム解析におけるバイオインフォマティクス』についてお話い
ただけるそうです。
スポンサーサイト

Home

最新記事はRSSで
コメント
最新トラックバック
リンク
ブログで苗木 グリムス
blog parts

track feed

Powered by SEO Stats

ページランク

個人サイト検索 あったかNAVI

この日記のはてなブックマーク数

フィードメーター - バイオ やばいぉ・・・

tracker あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。